西宮市広川歯科医院の歯科衛生士の金川です。
先日ミントセミナーを受講してきました。
内容は『レントゲンの読み方』『プロービングセミナー』です。
歯医者さんに行って全体的なレントゲンや部分的なレントゲンを撮られた経験のある方は多いかと思います。
レントゲンでは歯の状態や骨の状態などがわかります。また歯周病の進行度も見ることができます。
このセミナーではその他に咬合性外傷といって、歯と歯が強く当たりすぎることで骨の吸収がおこるというお話や症例を見せていただきました。歯周病ではなくても骨がなくなり歯を失う可能性があるんです。骨は目では見えないので悪くなっているのか自分ではわかりません。噛み合わせが狂うことは誰にでもありえることです。歯ぎしりや食いしばりをしている方、歯がすり減ってきている方、歯を失ってそのままにしている方、また親知らずが影響することもあります。 レントゲンで得られる情報がたくさんあることを学びました。学んだことを生かして、レントゲンから将来のお口の中のいろんな可能性を想像し、患者様のお口の中を出来る限り守れるようたくさんのことを患者様に伝えられるように努力したいと思います。 

次にプロービングセミナーについてです。プロービングとは歯周病の検査です。
歯と歯茎の間には溝があるのですがそこの深さを測っています。あまり好きではない方も多いかもしれません。 しかし、この検査はとても大事なのです。
炎症が起こっていたり歯周病になるとこの溝が深くなります。 この検査は歯周病の有無や程度、炎症の有無などがわかり、これからどんな治療をしていくのかが決まります。
 また、歯茎の中についている歯石を見つけることができたり、歯の根の部分の形など見えていない部分のことを把握することができます。
 この検査をいかに不快感なく患者様に受けていただくかということを学びました。実際に人工の歯や自分のお口の中で挿入する角度などを学びました。
 患者様にできる限りストレスなく受けていただけるよう日々努力していきたいと思います。
気温の差が見られる季節で体調管理も難しい時期ですが、水分、栄養をしっかり摂って元気に過ごしてください。
23:32